スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂本龍馬で盛り上がる高知 

1836年1月3日生まれの幕末の風雲児、坂本龍馬33年の生涯を岩崎弥太郎の視線から描いたNHK大河ドラマ「龍馬伝」(福山雅治主演)が好評です。

 坂本龍馬の出身、高知はどんなところなのか、高知市内を駆け足で覗いてきました。


坂本龍馬で盛り上がる高知

(→続きはこちら.旅行口コミ専門サイト Blog Rankingへ FC2BlogRanking

スポンサーサイト

龍の目覚め 

龍の目覚め

龍の目覚め(東シナ海上空、日航機より撮影)










人気ブログランキングへ

(→続きはこちら.旅行口コミ専門サイト Blog Rankingへ FC2BlogRanking

赤坂のクリスマス・イルミネーションの魅力  

 場所は赤坂というより、厳密に言うと紀尾井町。ホテルニューオータニ正面ゲート近くのイルミネーションはすごい。

上智大学側の本館前のツリーが実にすばらしい。

緑色、黄色などと刻々と表情を変え、最後はパアーっとまぶしいフルカラーに。感動しますよ。


(→続きはこちら.旅行口コミ専門サイト Blog Rankingへ FC2BlogRanking

那覇空港旅客が3%増 07年度1473万6000人 

2008年5月22日 琉球新報

 2007年度の那覇空港の旅客数は1473万6000人で前年度に比べ3%増加したことが分かった。このうち国際線は6・1%増と好調に推移。4月から香港路線が運航しており、国際線の伸びが期待されている。21日の県航空路線開設促進協議会(会長・仲井真弘多知事)の幹事会で報告された。
 旅客数の内訳は、国内線が1443万9000人で前年度比2・9%(41万1000人)増加。国際線は29万6000人で1万7100人増加した。国際線の増加要因としては、冬場の増便が影響した。
 同幹事会では、路線拡充や新規路線の開設に取り組む2008年度の事業計画を了承。香港エクスプレス航空が運航している香港路線の維持や拡大に引き続き努めることを確認した。4月の香港路線の搭乗率は67・7%だった。
 那覇―台湾路線は現在運航中の中華航空について、増便や機材の大型化の要請をする。就航意欲のある他の航空会社にも新規参入を促す方針だ。他の路線については北京路線開設に向け関係政府機関や航空会社にセールスを展開する。
 香港路線は3月14日に国土交通省から外国人国際航空運送事業の経営許可を取得。4月3日に定期便初便が就航。週2便(木・日)で運航開始し、4月28日から週4便へ増便した。



(→続きはこちら.旅行口コミ専門サイト Blog Rankingへ FC2BlogRanking

日本人観光客が減ったサイパンの繁華街で目立つ空き店舗 

フジサンケイ ビジネスアイ - 2008年4月29日

1990年代の最盛期に日本人が多数訪れたサイパン島観光客減少にあえいでいる。2005年に日本航空が直行便を廃止してから日本人観光客減少の一途をたどり、今や成長著しい中国や韓国、ロシアからの観光客誘致に期待が集まっている。

 サイパン観光局によると、サイパン島を中心とした北マリアナ諸島を訪れた観光客数は90年代は年間約75万人。そのうち日本人が6割を占めた。しかし昨年の総観光客数は約40万人で、日本人はそのうち半分程度にまで落ち込んだ。

 長引く不況で、もうひとつの主要産業である縫製業も続々と工場が閉鎖。行政府は財政難に陥り、地域経済に閉塞(へいそく)感が漂う。「美しい島」以外に資源は見いだせず、観光による再興しか展望が開けないのが実情だ。

 観光局のテノリオ局長は「日本は今も最大のマーケット」と指摘しているが、90年代後半のアジア通貨危機で激減した韓国人の観光客は昨年約10万人にまで回復。中国の団体旅行客は4万人規模に成長した。ロシアからの訪問者も増加、数カ月単位で滞在するため消費額が高く今後が期待されている。

 局長は「韓国は日本と同様に最重要。中国、ロシア(からの観光客)も増えつつある。一つの国に偏らないようマーケットを多角化したい」と話している。(サイパン 共同)

ふわり飛行船で空の旅~国内初の遊覧観光スタート 東京上空で  

 ジャンボジェット機より大きい「飛行船」による東京上空の遊覧観光が23日始まりました。
飛行船の遊覧観光の事業化は国内で初めてです。

 日本飛行船(中央区)とJTB西日本(大阪府)が企画しました。飛行船はドイツ製「ツェッペリンNT号」で全長75.1メートル、全幅19.7メートル、全高17.5メートルで、現存の飛行船では世界最大という。世界で3隻のみ存在。空中でホバリングしたまま360度回転するなどの動きも可能で、ヘリウムガスを使用し、飛行船が不調の際も、ガスの浮力により墜落することはないといいます。

 初日の23日は朝からの強風に悩まされ、1日4便の1、2便が運休。「初フライト」は午後4時30分、定員8人を乗せて埼玉県の本田飛行場を離陸。夕闇に輝き始めた東京の夜景の上空を、ふんわりと優雅に飛んだということです。


【メモ】池袋、浅草、六本木、渋谷などの上空300~600メートルをめぐる約90分の空の旅。料金が12万6000とちょっと高めにもかかわらず、来年1月5日までの運航期間はほぼ完売。首都圏で11月23日~2008年1月5日のうちの27日を運航日とし、合計105回のフライトを予定。
 元旦も運航し、初日の出を飛行船から見ることもできる(天候により見えない場合もあり)。コースは、桶川を出発し、池袋、上野、浅草、汐留、六本木、渋谷、新宿をまわる約90分。定員は1フライト8人。1人あたりの料金は、デイフライト=126,000円~、ナイトフライト=136,500円~。10月25日よりJTB西日本の専用デスクのみで販売を開始(電話、FAX、ウェブサイトで受付)。来年3月下旬には、関西での第2回目の就航を予定する。



 IMG_0417-2.jpg



(→続きはこちら.旅行口コミ専門サイト Blog Rankingへ FC2BlogRanking

沖縄県の8月観光客 初の60万人台 記録更新 

 沖縄県の観光旅行客が過去最高をまた更新しました。

 沖縄県観光商工部が21日発表した8月の入域観光客数は61万4200人と、前年同月比7・9%増となり、月間観光客数として過去最高を更新しました。月間入域客数が60万人を超えたのは初めて。四月からの累計も同4・3%増の240万4700人と同期間の過去最高となっています。同県は07年度の目標を590万人としていますが、達成はそれほど難しくないようです。

 沖縄観光が好調な理由は、航空会社の新規路線開設や増便に加え、台風による欠航が少なかったことなどから前年実績を大幅に押し上げました。路線別では、増便で座席数が増えた東京が、8%増の28万8900人。関西方面は、神戸―那覇、石垣線の開設や夏季限定便の就航などで家族や個人旅行が増え、5・2%増。福岡方面でも台風による影響がほとんどなく、5%増、名古屋は機材の大型化などで7・9%増えた。

  
国内格安航空券最安値検索「空旅.COM」

アジア各都市が人気 ~HIS夏休み海外旅行動向調査 

HISが26日に発表した夏休み(7月14日―9月30日)の海外旅行動向によると、申し込み予約数は7月20日現在、前年比19%増と好調のようです。

 7月以降の予約数が増えるアジア方面をはじめ、オセアニアやヨーロッパなどの遠距離方面などを中心に、堅調に伸びているといいます。。

 今後の最終結果の伸びを牽引するのは、出発日前1 ヶ月以内の申し込みをする「間際予約派」と予想される。20日現在、7月中出発の予約のうち、出発日前1 ヶ月以内の予約数は46%、出発日前10日以内の予約数は13%と多数見られ、最終結果では前年7月の最終結果47%を上回ることと、8月も同様の「間際予約派」の予約数の伸びが予想されるということです。

 人気の渡航先ランキングは→次のページ









(→続きはこちら.旅行口コミ専門サイト Blog Rankingへ FC2BlogRanking

お盆の高速道路 渋滞予測  

NEXCO東日本/中日本/西日本(NEXCO3社)と(財)日本道路交通情報センターが7月13日発表したお盆時期〔8月8日~21日〕の高速道路での渋滞予測によると、今年のお盆の時期に、行楽や帰省などで発生する渋滞は下り方面が8月11日(土)と12日(日)、上り方面が8月14日(火)に特に多く発生すると予測しています。

 また、30km以上の長い大きな渋滞が、東北道や関越道、東名高速、名神高速、中国道などで予測されています。

 
特に長い渋滞の予測

下り

 関越道 8月12日(日) 7時頃
花園(はなぞの)インターチェンジ付近(埼玉県深谷市) 50km

 東北道 8月11日(土) 6時頃
上河内(かみかわち)サービスエリア付近(宇都宮市) 45km

 中国道 8月11日(土) 10時頃
宝塚東(たからづかひがし)トンネル付近(兵庫県宝塚市) 45km

上り

 東北道 8月15日(水)17時頃
矢板インターチェンジ付近(栃木県矢板(やいた)市) 40km

 東北道 8月14日(火)18時頃
矢板インターチェンジ付近(栃木県矢板市) 35km

 東北道 8月16日(木)17時頃
矢板(やいた)インターチェンジ付近(栃木県矢板市) 35km
 
 中央道 8月16日(木)17時頃
屏風山パーキングエリア付近(岐阜県瑞浪市) 35km




各高速道路の個別予測は次のページへ

(→続きはこちら.旅行口コミ専門サイト Blog Rankingへ FC2BlogRanking

夏休み旅行動向は好調~JTB調査 

 JTB恒例の夏休み(7月15日~8月31日)旅行動向見通しが5日発表されました。景気回復やボーナスの増加を背景に、国内と海外を合わせた総旅行消費額は前年比3・0%増となる3兆2900億円と、調査期間が変更された2000年以降で最高になりました。

 海外旅行を計画している人は2・0%増の252万人と、2年連続で前年を上回りました。米国同時多発テロの影響が残った02年に240万人台に落ち込んで以来、6年ぶりに250万人の大台を回復しました。
 旅行先の順位は、中国、欧州、韓国、ハワイ、米国などの順となっていて、伸び率では人気が復活したバリ島などのインドネシアが14・3%と最も高く、以下、中国4・4%、香港4・0%、ハワイ3・9%などととなっています。一人あたりの平均費用は前年比4・0%増の23万2000円でした。特徴的な傾向としては、引き続きハワイやアジアのビーチリゾートが人気を集めている点です。ユーロ高で旅行費用がかさんでしまうヨーロッパ方面も堅調な伸びを見せています。

 一方、一泊以上の国内旅行を計画している人は前年比0・9%増の7480万人と、3年連続で増加しました。
 地域別では沖縄や北海道の伸びが目立ち、人気ぶりがうかがえます。一人あたりの旅行費用は1・4%増の3万6200円でした。海の近くやプール併設の宿泊施設に人気が集中しているようです。

海外ツアーはルックJTB

【JTB】沖縄のおすすめ旅館・ホテル

(→続きはこちら.旅行口コミ専門サイト Blog Rankingへ FC2BlogRanking

SEO対策:マイレージ SEO対策:マイル SEO対策:ANA SEO対策:JAL SEO対策:裏技
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。