スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常生活をマイルだらけにする基本戦略 

資産運用」と「出口戦略」。私の航空マイレージに関する基本的な考え方はこの二つです。                               
私の場合、従来クレジットカードの年間利用額はせいぜい200~300万円程度でした。

ですが、マイレージを集めるようになってからは、生活でお金を使う場合はなるべくすべてをマイルが貯まるやり方で支払うよう努めています。タクシー、地下鉄、JR、新幹線、バスなど交通機関はほとんどすべてクレカ払いかスイカやEdyなどの電子マネー払い。他にクイックペイ、iDなども駆使しています。ローソンやセブンイレブン、ファミリーマートなどのコンビニやスーパーでの支払いもクレカや電子マネーを利用しています。それ以降、日常生活で小銭を使うことはほぼなくなったばかりか、カード利用額も年間500万円ほどに膨らみました。もちろん、妻の利用分も含みます。                             

これは、浪費しているのではなく、キャッシュで支払うことのほうが逸失利益が大きい、との判断からです。キャッシュで支払っていてはポイントが全くつきません。ポイントはなるべくマイルに還元し、蓄積し、一番航空需要が高い時期(ハイシーズン)にマイルを消化するよう努めています。なぜマイルに換えるのか? そこは損得計算の結果です。格安ツアーや航空券価格も跳ね上がるハイシーズンに特典航空券に換えられれば、1マイルの実質的な価値が2円程度から1マイル=3円以上まで跳ね上がるからです。

個人的な経験から例を挙げれば、数年前のお盆の時期にJALマイレージを使って家族で海外のリゾートへ行きました。その際に消化したマイル数は20000マイル。対して、その時期の格安航空券をいろいろ物色しましたが安いもので78000円程度でした。これを当てはめると1マイルの価値は=3・9円です。

話を元に戻しましょう。私の場合、たとえば年間カード利用額が500万円だとすると、仮にこれを全額現金で決済していたらリターンはゼロです。これを年間費が割安な普通のクレカ決済に換えた場合は、0・5%程度の還元率が普通で、期待されるリターンは25000円程度です。                  

これを100円=1・25マイル(平均)程度まで引き上げることができれば、年間得られるマイルは62500マイル。額にして実質12万5000円~25万円程度に跳ね上がるのです。

その点で、マイル収集は「資産運用」に似ていると考えるのです。

 今まで損してた。「楽天市場」利用はGetMoney経由で!

 他のブログもどうぞ

 にほんブログ村 旅行ブログへ












コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin1.blog99.fc2.com/tb.php/126-c9e2752c

SEO対策:マイレージ SEO対策:マイル SEO対策:ANA SEO対策:JAL SEO対策:裏技
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。