スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

団塊世代の退職記念旅行の予算は一人29万円、方面はヨーロッパが人気 

ことしから団塊世代の大量退職が本格化します。
 マーケットでは「大きな消費が生まれるのでは」との期待の声が上がっていますが、その実態を示す一つの調査が出ました。 

JTBが14日発表した初めての「団塊世代 国内海外旅行動向」によりますと、団塊世代は「退職記念旅行」「60歳以降の旅行」ともに意欲が旺盛で、「退職記念旅行」は50%強が予定しているということです。
 行きたい場所のトップは、国内なら北海道、海外はヨーロッパでした。



調査の詳細は次ページ

 

 JTBは、全国の広義の団塊世代(1946~50年生まれ)男女約10,000名を対象に、「退職記念旅行」及び「60歳以降の旅行」に関しWEBアンケート調査を実施しました。
 旺盛な意欲が確認されたアンケートの結果は以下の通りです。

I.退職記念旅行

 定年退職がある2,396名に、節目に行う「退職記念旅行」について伺いました。

(1)定年退職の節目に50%強が「記念旅行」を予定 「退職記念旅行」を「既に行った」「計画中」「する予定」の合計は50.2%。「特にしたいとは思わない」と「退職時に記念旅行はしなかった」の合計22.4%の倍以上となっています。また、退職時期がはっきりとしている60歳までに定年退職をむかえる人に限ると51.8%が「退職記念旅行」を予定(またはすでに実施)しており、「退職記念旅行」への意向は非常に強いことが分かります。

(2)退職記念旅行は、やはり配偶者と 「退職記念旅行」の同行者(複数回答)は、「配偶者」が93.8%で断然多く、2位の「娘」を選んだ人は10.1%にとどまっています。多くの回答者が、退職記念旅行はやはり配偶者と「夫婦水入らず第2の人生を再確認する機会」と捉えているようです。

(3)「退職記念旅行」で行きたい方面は、ヨーロッパと北海道 国内・海外に関わらず「行きたい方面」を聞いたところ(複数回答)、男性はヨーロッパ(30.2%)が1位、次いで北海道(23.6%)、ハワイ(13.8%)、オーストラリア・ニュージーランド(13.0%)の順。女性はヨーロッパ(34.9%)、北海道(21.4%)、沖縄(14.0%)、ハワイ(13.3%)の順となっています。男女ともにヨーロッパと北海道の人気が際だっています。これは、(1)これまで行けなかった場所、(2)思い出の場所、(3)憧れの場所へ行ってみたいという希望の現れのようです。

(4)「退職記念旅行」の旅行期間は「1週間から10日間」が最多 希望する旅行期間は、「1週間~10日間」が38.6%と最多。2泊3日が次いで多く26.6%、4泊5日が20.3%となっており、2泊以上が9割近くを占めています。希望する旅行先がヨーロッパやハワイ、オーストラリア・ニュージーランド、国内でも北海道や沖縄など遠方が多数を占めています。

(5)予算は「ちょっと贅沢に」 1人当たり平均29万6千円 「退職記念旅行」の1人当たりの旅行費用で最も多かった回答は31~50万円(17.6%)、2番目が21~30万円(17.2%)で、平均は29万6千円(注1)となっています。 旅行先として遠方が多いことからして、退職記念の節目のイベント旅行は「ちょっと贅沢に過ごしたい」という気分が伺えます。

http://www.jtb.co.jp/





















コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin1.blog99.fc2.com/tb.php/16-b5893327

SEO対策:マイレージ SEO対策:マイル SEO対策:ANA SEO対策:JAL SEO対策:裏技
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。