スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANAのFBI捜査は航空貨物カルテルか? 

米連邦捜査局(FBI)が15日に全日空の米本社(カリフォルニア州)を家宅捜索し、その容疑が何なのか注目されていた問題に新たな進展がありました。

 3月21日2時0分配信の時事通信電によると、
 「米司法省スポークスマンは20日、連邦捜査局(FBI)が15日に全日本空輸の米本社(カリフォルニア州)を家宅捜索した問題について、個別企業への捜査に関して論評しないとしながらも、「航空貨物業界で非競争的な慣行が行われている可能性について調べている」と述べ、米独占禁止法違反の疑いで捜索を行ったことを示唆した。」

2007年03月20日 12:34米国東部時間 共同通信

司法省報道官は19日、連邦捜査局(FBI)が15日に行った全日本空輸ロサンゼルス支店の家宅捜索について、「航空貨物業界で競争を妨げる行為があった可能性を捜査している」と述べ、独占禁止法(反トラスト法)違反容疑の捜査であることを示唆した。

 司法省と欧州連合(EU)欧州委員会は昨年2月、世界の航空大手が貨物料金のカルテルを結んでいた疑いが強まったとして調査を開始したことを明らかにし、全日空や日本航空も調査対象になっていた。報道官は「EUや外国当局と協調して(捜査して)いる」と語った。

 報道官は一方で、全日空が主体となって同法違反容疑の行為を行っていたのか、航空貨物業界全体を捜査する一環での家宅捜索だったのかについては「コメントできない」とし、言及を避けた。

 捜索容疑についてFBI広報担当者は「連邦裁判所の指示で公表できない」としている。(共同)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin1.blog99.fc2.com/tb.php/5-477be985

SEO対策:マイレージ SEO対策:マイル SEO対策:ANA SEO対策:JAL SEO対策:裏技
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。