スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JALの早期退職応募 「想定以上」 リストラ加速へ 

  JALは12日、9月から募集していた次課長級社員を対象にした特別早期退職に、当初見込みの450人を大幅に上回る630人が応募したことを明らかにしました。

 すでに実施している部長級約250人を含めると早期退職への応募者は累計約880人に達したことになり、合理化計画の進展が一段と加速しています。年間の人件費削減効果は約90億円と弾いており、同社の重い固定費の圧縮に期待が高まります。

 日航はさらに、一般職社員を含めた客室乗務員を対象とした早期退職の募集も11月から始めるということです。対象は、客室乗務員のうち関連会社への転籍者も含め、2008年3月末時点で勤続年数が15年以上の社員。対象年齢は管理職が満54歳以上、一般職は満50歳以上。2007年12月21日まで募集し、退職日を2008年3月末とする。

 客室乗務員については、「あまり現場を削ると混乱する」(西松社長)と今春までは慎重な姿勢でしたが、人件費削減をより前倒しするとの判断に踏み切ったようです。
 
 JALの50代後半の社員だったら、割り増し分も含めて手にする退職金は5000万円くらいになるでしょうから、残りの年収を計算しても「今辞めるのは得策」とみなさん判断されているようです。
 再就職口を見つけるのは大変ですが、仮に見つけられれば会社に残っているよりもより多くの収入が得られますからね。

セカンドライフ海外旅行特集
【New】GWのお得な海外旅行探しは、やっぱり【エイビーロード】
給料日前の強力助っ人!カードローンを価格.comで徹底比較!


 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akasakagin1.blog99.fc2.com/tb.php/63-ea3c1474

SEO対策:マイレージ SEO対策:マイル SEO対策:ANA SEO対策:JAL SEO対策:裏技
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。